Friday, August 24, 2012

日本語の時制 (テンス)、アスペクト


A. 日本語の時制 (テンス)

日本語の時制 (テンス)の解説は多分に英文法の影響を受けている。元来日本語では文法上時制はあまり意識されていない。時制を<時間に関連した表現>とすれば、複合動詞(動詞と動詞の組み合わせ)を除き日本語での文法上の動詞の時制は次の二つ。

1. 現在形 - 動詞は終止形
2. 過去形 - 動詞連用形 + <過去>を表す助動詞<た>。

下記に述べるように中立(単純)未来は動詞の現在形がかねる。

1. 現在形
現在形はけっこう難しい。現在形は次の二次的時制(sub-tenses)を表す。

1)中立あるいは基本叙述。説明、解説を表す。
太郎は働く。 美代子は見る。次郎は来る。 花子はいる。
以上は人が主語になっているが、人間世界以外の自然界で起こっていること、 物理や化学の説明、解説を表す場合も現在形が多い。論理学や数学はさらに現在形が多いはずだ。
2)継続的、断続的行為、動作、連続的状態をを表す。
太郎は(毎日)働く。 美代子は(毎日)見る。次郎は(毎日)来る。 花子は(朝からずっと)いる。
3)未来を表す。
太郎は(あした)働く。 美代子は(あした)見る。次郎は(あした)来る。 花子は(午後)いる。

(注) 中立叙述とは英語の<to 不定詞>に相当するが、英語の<to 不定詞>は叙述文にはならない。動詞の終止形は中立叙述で会話内容、文脈、または修飾ごを伴って継続的、断続的行為、動作、とりあえず一回きりの行為、動作、連続的状態、さらに未来を示す。

英文法では<現在進行形>というのがあるが、日本語では次のように表す。あとでアスペクトについて検討するが、<進行形>は現在、過去、未来でも<進行形>を形式上、意味上たもつのでアスペクトと見なしたほうが合理的だ。

太郎は(いま)働いている。 太郎は(いま)働いているるところだ。
美代子は(いま)見ている。  美代子は(いま)見ているところだ。
<行く>、<来る>は具合が悪く
太郎は(いま)行っている。(ダメ) ---> 次郎は(いま)向かっている(ところだ)。
次郎は(いま)来ている。(ダメ) ---> 次郎は(いま)来るところだ。 次郎は(いま)来ているところだ。 (ダメ)
花子は(いま)いる。 花子は(いま)いるところだ。 英語で I am being とはいわない。

一般には、

動詞連用形 て + いる
動詞連用形 て + いる + ところ + だ

といえそうだ。<ところ>の表現機能のひとつだ。 

<次郎は(いま)来ている>、<次郎は(いま)来るところだ>、<次郎は(いま)来ているところだ>はやや曖昧だ。

次郎は(いま)来ている。 - こうは言えない。 <次郎は(いま)来ている>は<もう来てしっまている>のだ。
次郎は(いま)来るところだ。 - Jiro is about to come の意味にもなる。
次郎は(いま)来ているところだ。- Jiro has already come and is staying (here) の意味になる。
Jiro is now coming は<次郎は今こちらにむかっているところだ>とかなり長くなる。

これは<来る>という動詞の意味(移動)が関係している。意味論になるのでここでは深入りしない。

ところで英語の<be about to>は<差し迫った未来>とでもいえよう。一般には、

動詞連体形 + ところ + だ

で表せる。

太郎は(いま)働くところだ。
美代子は(いま)見るところだ。
次郎は(いま)来るところだ。
ただし
花子は(いま)いるところだ。 - こうは言えない。
 これは<いる>という動詞の意味(存在)が関係いしている。これも意味論になるのでここでは深入りしない。これも<ところ>の表現機能のひとつだ。 


2. 過去形 - 動詞連用形 + 完了を表す助動詞<た>

ここでは<過去>は時制、<完了>は時制ではなくアスペクトと見なして話をすすめる。

日本語の過去形は英語で言う<過去形>(一応<現在から切りはなされた過去とする>)にほぼ相当する。

太郎は働いた。
美代子は見た。
次郎は来た。
花子はいた。

上記の時間的な意味はいずれも <現在から切りはなされた過去>といえる。

英語の現在完了形 (to have + 過去分詞)は厄介だ。主に次の三つの意味を含んでいる。

1)過去から現在まで継続f、断続していることを表す
2)過去におこったが現在にも関連していることを表す
3)過去の経験を表す

厄介にしている原因は<完了>を時制に組み入れているからだろう。

1)過去から現在まで継続、断続していることを表す

日本語では

(ずっと) 動詞連用形 て + きた
(ずっと) 動詞連用形 て + きて + いる (やや翻訳調)

太郎は(ずっと)働いてきた。
美代子は(ずっと)見てきた。

次郎は来た。 次郎は(ずっと)来てきた。(ダメ)
次郎は(ずっと)来ている。(現在完了)
次郎は(ずっと)来ていた。(過去完了)

花子はいた。 花子は(ずっと)いてきた。(ダメ)
花子は(ずっと)いる。(現在完了)
花子は(ずっと)いた。(過去完了)

2)過去におこったが現在にも関連していることを表す

この解説はむずかしい。

 英語のこの意味での 現在完了形の使用頻度は英語初級者の日本人の使用頻度よりはるかに多い。<現在から切りはなされた過去>というが、<切りはなされ>かた の具合や程度はさまざまで、発話者が<現在と関連ある過去>と判断すれば <have + 過去分詞>を使えるようだ。

I did it.
I have already done it.

日本語では<xx (し)ている>が進行アスペクトを暗示(to implicit)しているのに対し<xx (し)てある>という表現があり、これは現在と強く結びついた完了を暗示している。<いる、i-ru>と<ある、a-ru>の一字の違いに過ぎないが、意味するところは大いに異なる。

I have done it. は場合によっては<わたしはもうした、すませている>でなく<私はもうしてある>とも訳せる。

3)過去の経験を表す
動詞連用形 + た + こと + が + ある

太郎は働いたことがある。
美代子は見たことがある。
次郎は来たことがある。
花子はいたことがある。

これはほぼ完璧なルールだ。  また<こと>の対象化表現機能だ。 

日本語の時制(テンス)は元来の現在形(動詞は終止形)と過去形(動詞連用形+<た>)に<こと>、<ところ>さらには<くる>、<いく>、<いる><ある>を使ってかなり複雑な英語文法でいう時制(テンス)を表せ文法ルールがある。本動詞が<くる>、<いく>、<いる>、<ある>の場合は一般動詞のルール当てはまらない。<くる>、<いく>は移動関連の、<いる>、<ある>は存在の動詞でそれぞれおもしろいところが多いにで、さらに検討してみる。

-----

B. 日本語のアスペクト

時制 (テンス)に関連してアスペクト(Aspect)というのがある。繰り返しになるがはじめに次のように書いた。



日本語では時制は次の二つ。

1. 現在形 - 動詞は終止形
2. 過去形 - 動詞連用形 + 完了を表す助動詞<た>。

1. 現在形
現在形はけっこう難しい。現在形は次の二次的時制(sub-tenses)を表す。

1)中立あるいは基本叙述。説明、解説を表す。
太郎は働く。 美代子は見る。次郎は来る。 花子はいる。
2)継続的、断続的行為、動作、連続的状態をを表す。
太郎は(毎日)働く。 美代子は(毎日)見る。次郎は(毎日)来る。 花子は(朝からずっと)いる。
3)未来を表す。
太郎は(あした)働く。 美代子は(あした)見る。次郎は(あした)来る。 花子は(午後)いる。

 ”

アスペクト(Aspect)の定義はまだしていないが、<二次的時制(sub-tenses)>は時制ではなくアスペクト(Aspect)とも言えよう。

完了についても、下記をアスペクトと見ることもできる。

1. <現在から切りはなされた>過去 - 完了

2. 英語の現在完了形 は主に次の三つの意味を含んでいる。

1)過去から現在まで継続、断続していることを表す  - 継続、断続アスペクト
2)過去におこったが現在にも関連していることを表す - 完了アスペクト
3)過去の経験を表す  - 完了アスペクト

アスペクト(Aspect)を完了(perfective)と継続(imperfective)に分けることがあるが(ロシア語)、不完了/未完了は完了の否定だが継続でもある(終わっていない)。また人の世界の見方は開始よりも完了が視点になっているようだ。特に未完了は日本語では<まだxxx(し)ていない>と係り結びになり、強調されている。

1)xx は(が)始まった。
2)xx は(が)終わった。 

1)は<始まる>を使っているが内容は<完了>だ。また<終わる>、<終える>、は完了を明示的に(explicitly)にあらわす。<しまう>は<終わる>、<終える>ほど明示的ではない。

宿題はもうしてしまった。
宿題はなるべく早くしてしまおう。
xx は(が)始まってしまった。

アスペクト(Aspect)の範囲を広げれば日本語のアスペクトはかなり豊富である。繰り返しになるが、

英語の現在進行形<to be xx-ing>

動詞連用形 て + いる
動詞連用形 て + いる + ところ + だ

英語の<to be about to>は<差し迫った未来>とでもいえよう。一般には、

動詞連体形 + ところ + だ   長くなるが<差し迫った未来アスペクト>

今するところだ。

過去から現在まで継続、断続していることを表す
(ずっと) 動詞連用形 て + きた (have + 過去分詞)
(ずっと) 動詞連用形 て + きて + いる (やや翻訳調) (to have + been xx-ing)

過去の経験を表す
動詞連用形 + た + こと + が + ある    経験アスペクト

-----

太郎は働く。 美代子は見る。次郎は来る。 花子はいる。

上記以外にも次のような表現がある。

動詞連体形 + もの + だ   (socially required rules、natural phenomenon)

男は働くものだ。(socially required rules、natural phenomenon) (道徳的摂理) 摂理アスペクト
りんごは木から落ちるものだ。(natural phenomenon) (因果関係、自然の摂理) 因果、摂理アスペクト

動詞連用形 + た + もの + だ   (used to 不定詞) 習慣アスペクト

太郎は(よく)働いたものだ。

動詞連体形 + た + もの + だった   (回想、recalling)  習慣アスペクト

太郎は(よく)働いたものだった。

動詞連体形 + こと + だ  (対象化、感動)

 必要なのは太郎が働くことだ。 (対象化)

太郎はよく働くことだ。  (感動) 普通は<太郎は(なんと、まあ、ほんとに、etc)よく働くことだ。

XX ということになる (因果関係)  因果アスペクト

AをすればBということになる。

動詞連用形 + た + ところ + だ  (to have just finished)) 

美代子は見たところだ。 (完了というよりは(一回限りの、一時的な)出来事) 出来事アスペクト

動詞連体形 + ところ + だった   過去の<差し迫った未来アスペクト>

美代子は見るところだった。  <to be about to の過去> または   
美代子は見るところだった。 (が実際はみなかった)の意味にもなる。
曖昧さがのこるが、たいてい副詞が入り 曖昧さは除ける。

美代子は(ちょうど)見るところだった。
美代子は(もうすこしで)見るところだった。


いずれにしても<もの><こと><ところ>が大活躍する。日本語のアスペクトといえる。

 -----

動詞連用形 て + いく  

動詞連用形 て + くる  

<くる><いく>は移動の動詞だが、<動く>、<歩く>、<飛ぶ>などが純粋な移動動詞であるに対して、アスペクト(Aspect)的な働きがある。次回のポストで取り上げる。


sptt





No comments:

Post a Comment